当協会は、検査・分析のほか、さまざまな活動に取り組んでいます。
その他の活動
 


ムラサキイガイを用いた洞海湾の水質改善

北九州市は、洞海湾の海水中に多く存在する窒素とリンを取り込んで増殖した植物プランクトンをムラサキイガイに食べさせ、成長したムラサキイガイを陸上に取り上げて資源として利用する方法を開発しました。この方法によって、富栄養化した内湾の水質を浄化することができます。当協会は、このムラサキイガイを利用した洞海湾の水質浄化作用について、北九州市港湾空港局主催の「洞海湾環境学習」を通して北九州市内の小学生を対象にした環境学習に協力しています。


 

環境学習の様子   環境学習に利用する生分解性ロープ

 

カンガルー堆肥

響灘埋立地の緑化計画に使用するために、「ひびき動物ワールド」で飼育しているカンガルーの糞(尿素や窒素分を多く含む)を活用して堆肥づくりを行っている響灘開発(株)と共同でカンガルー堆肥を開発しました。


響灘開発株式会社(新聞の記事が掲載されています。)

グリーンパーク

ひびき動物ワールド


 

グリーンパークのカンガルー   カンガルーのふん
カンガルー堆肥(完成品)   画像クリックで拡大します

 

インターンシップ受け入れ

当協会では、専攻あるいは将来進みたい職業に関連した実習・研修的な就業体験あるいは実務訓練の場を提供し、大学や専門学校に協力しています。
(実績校:九州産業大学工学部物質生命化学科・専門学校九州テクノカレッジ)




Page Top