放射能測定に対応しています。
各種分析
放射能・空間放射線量測定


当協会では、水質(飲料水・井戸水・河川水・下水等)・食品・土壌・汚泥・産廃等に含まれる放射性ヨウ素や放射性セシウムの核種精密測定のご依頼を受け付けています。


ゲルマニウム(Ge)半導体検出器γ線スペクトロメトリーによる放射性物質核種精密分析
検査対象
水質・食品・土壌・汚泥・産廃等(その他試料については、ご相談ください。)
当協会は、食品衛生法上の登録検査機関ではありません。予めご了承ください。
検査方法
ゲルマニウム(Ge)半導体検出器γ線スペクトロメトリーによる核種精密分析
緊急時における食品の放射能測定マニュアル準拠(厚労省:平成14年3月)
検査項目
放射性ヨウ素(I-131)・放射性セシウム(Cs-134)・放射性セシウム(Cs-137)
放射性ヨウ素は、半減期が8日と短いため測定日の予約が必要です。事前にご連絡ください。
検体量
水質/200mlまたは2L以上
食品・土壌・汚泥・産廃等/200gまたは2kg以上
標準納期
3〜5営業日
依頼状況により変動します。依頼時に、ご確認ください。

ゲルマニウム(Ge)半導体検出器

 

空間放射線量測定(現地測定)
測定方法
NaI(Tl)シンチレーションサーベイメータによる空間放射線量測定
測定結果(標準)
速報値(調査当日又は翌営業日)・報告書(3営業日〜)
料金
1測定 /5,000円(消費税別)
その他
現地測定には、別途調査費用がかかりますので、ご相談ください。
連絡先
検査課 分析係 徳永・夏村・伊美


公共用水・排水飲料水(井戸水・水道水)産業廃棄物、底質、土壌 |放射能・空間放射線量測定|


Page Top